保険の外貨貯金

私は仕事を始めてから、貯蓄を続けてきました。銀行の普通預金に毎月3万円は貯金し続けることで、将来結婚や夢のマイホームを建てるときの資金にと思ったからです。しかし、ある日貯金額を確認しようと通帳を記入したところ、あることに気がつきました。それが利率です。通帳を見ると本当に数円単位でお金は増えていました。これだけ必死に貯金をして、微々たるものでもお金が増えているので、嬉しい気持ちでした。しかし、もっと利率の高いものにすればもっと貯蓄ができるのではないかと思い、私は色々調べることにしました。このように考えた時、やはり最初に考えるのは定期預金だと思います。利率は普通預金と比べれば、もちろん上がりますがそれでも利益はそれほど見込めません。使わなくなることがメリットということで、利益自体はさほどなのです。

そのとき、たまたま見つけたのが保険の外貨貯金です。保険と聞くと、万が一の時の病気や怪我の時、保険金をもらうためお金を積み立てておくという印象しかなかった私はびっくりしました。円ではなく、ドルで扱う保険であり、決められた期間払ってから、自分のタイミングで高い利率で保険金となって戻ってくる仕組みです。もちろん為替の影響も受けますが、私にとって保険の印象がガラリと変わり、ただ銀行に預けて貯金するよりとても素晴らしい物だと感じました。なんのために貯金をするかを考え、最適な貯金方法を見つけるべきだと思います。