まずは月々の貯金額を設定しよう。

なぜ、お金が貯まらないのでしょう。それはあなたが「あまったお金を貯金にまわす」ということをしているからかもしれません。

今回は、筆者が実際にしている貯金術を紹介します。

まずはじめに「月々の貯金額を設定」してしまいましょう。

有無を言わさず、です。

額はお給料によって変わりますが、本気で貯金したければ、

お給料の2.5から3割以上を目標にしましょう。

手取り15万円の人なら、37,500円以上(2.5割)

手取り20万円の人なら、60,000円以上(3割)

手取り25万円の人なら、75,000円以上(3割)

手取り30万円の人なら、90,000円以上(3割)

こんな感じです。手取りが少ない場合は、もう少し割合を減らしてもいいかと思いますし、

実家暮らしでお金が貯めやすい場合はもう少し増やしてもいいかもしれませんね。

次に、自分のお給料から設定した貯金額を引いた額を割り出します。

例)手取り20万円の場合

2万円-6万円=14万円

この場合は14万円ということになりますね。

次に、その額(14万円)から家賃・携帯代・通信費(ネット代)・保険など、毎月ほぼ金額に変動がない項目の金額を引きます。

例)14万円-(家賃6万円+携帯代6千円+ネット代4千円+保険1万円)=6万円 

※家賃等は想定で入れてます。

すると6万円が残りましたね。この6万円の中から、

・光熱費

・食費

・被服費

・お小遣い

こちらの項目をやりくりしましょう。

夏や冬は光熱費が高くなりがちなので、食費やお小遣いにまわせる金額が減りますが、

これは我慢しなければなりません。そうすることによって、毎月同じ額の貯金ができ、

生活を安定させることができます。

このように、まずは貯金額を設定し、余ったお金で月々の出費をやりくりするようにしてはいかがでしょうか。

皆さまの貯金が増えますように!